資料エリアは必見!〜稚内副港市場

観光を強く意識したショッピングモールで、行く価値は非常にアリ!

え〜ただのショッピングモール!?いやいやこれが素晴らしい観光施設なんですな〜。モールと歴史資料館を合体したような施設。イチオシなのが「港ギャラリー〜稚内ノスタルジー」というエリア。大正から昭和の雰囲気を醸し出すテナントや、樺太ノスタルジーと呼ぶ、旧豊原中学校の教室を再現した資料室。港ノスタルジーと銘打った、かつての樺太への玄関口だった稚内港駅舎の再現コーナー。稚内ノスタルジーの昭和の記憶が蘇る再現商店街。そして、ビジターセンター的要素の観光情報コーナーなど、1時間では見切れないほどのコーナーがあります。特に、旧豊原中学校の再現教室では、黒板がスクリーンとなり、非常に貴重な映像の数々を見ることができます。なかでも北防波堤ドームの建築の様子を写したビデオは興奮モノといえます。さらに、2階には「港のゆ」があり、これまた非常に特徴のあるお湯で、一度は入って損はないといえる温泉なのです。というわけで、ここは稚内の観光スポットとしてイチオシのポイントなのです。

稚内周辺スポットマップ

ここはメインとなる市場エリア。お土産の購入や食事などができるので、他のエリアを見終わった後で最後に立ち寄るのがいいでしょう。手に荷物を抱えたまま館内を歩き回るのは大変でしょうから。

樺太ノスタルジーコーナー

歴史的資料という観点からすれば、このコーナーが最も見応えがあります。学校の教室風に作られた簡素な資料室ですが、用意されている映像が素晴らしく、見応え度満点なのです。特に北防波堤ドームに興味ある人なら、必ず足を運ぶべきポイントのひとつです。黒板に映像が映し出される趣向で、5本用意されているビデオの内、「悲劇と労苦の地・樺太」30分と、「稚内北防波堤ドーム物語り」21分は見なければなりません。ここだけで51分を消費しますので、このスポットに足を運ぶ場合は2時間は枠を取りましょう!行かないと損をしますよ!

港ノスタルジーコーナー

中央は広々とした休憩広場となっており、催事の際にはイベント会場として使用するのでしょう。周りには昔懐かしい駄菓子屋さんや、軽食を出すテナントが取り巻き、普段は中央部に休憩テーブルが置かれています。さらに、FMラジオのサテライトや、旧稚内駅、昭和の横町復元コーナーなどがあります。凄く見応えがあるのかといえば、ここはあくまでも休憩コーナー的存在です。

中央部の休憩コーナー

復元された旧稚内駅ですが・・・・

稚内天然温泉「港のゆ」

入浴料は700円とやや高めの設定ですが、無料の休憩室や食事処が内部にあり、健康センター的な利用ができるので、悪天の際のビバークポイントに使えます。また、なんといっても素晴らしのは泉質でしょう。ナトリウム塩化物強塩泉(高張性中性温泉)のお湯は、緑茶のような色をしたヌルヌルの湯触り。源泉掛け流しではないものの温泉気分は抜群です。稚内公園キャンプ場を利用した場合でも、童夢温泉に行くよりここに来た方が断然近い。

営業時間は10:00〜22:00。TEL 0162-22-1100

 

露天風呂は港湾を一望。フェリーターミナルも望める

 

●料金:無料 ●滞在時間:60分〜120分 ●住所:内市港1丁目6-28 ●TEL:0162-29-0829 ●駐車場:あり/無料 ●営業時間:10:00〜17:00・定休日:年中無休 ●GPS:北緯45°24′31″東経141°40′34″

 

こちらも気になりませんか

  1. 所蔵量100万枚!! レ・コード館

  2. 久種湖畔キャンプ場(礼文島)

  3. 北海道の相撲資料館では一番立派です〜横綱千代の山・千代の富士記念館

  4. とうまスポーツランドキャンプ場

  5. 雄冬野営場

  6. 本土最東端シリーズ!一気に公開!!

  1. 函館のお土産で迷ったらこれは超お勧め!柳屋の銘産いかようかん

    2020.04.19

  2. やきとり弁当ならここがお薦め!ハセガワストアベイエリア店

    2020.04.19

  3. 東北以北最古のエレベーター!カテゴリが狭いけど(笑)

    2020.03.24

  4. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

    2020.03.08

  5. えりも町にもあった!昭和津波碑

    2020.01.29

  1. 世界でも最大級の屋内直線馬場は必見!_JRA日高育成牧場

    2020.01.14

  2. 松前町営牧場展望台

    2019.06.01

  3. 二風谷、なかなか面白い!

    2018.12.11

  4. 土方歳三最期の地碑

    2019.03.28

  5. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

    2020.03.08