浜勇知(はまゆうち)園地

無料の休憩施設あり
宿泊は不可だが荒天時のビバークには最適

オロロン街道(道道254号)沿いの下勇知に「こうほねの家」という無料休憩施設があります。その目前にはこうほね池という湿地帯があり、春から夏にかけて様々な原生植物を見ることができます。この施設周囲を浜勇知園地と名付けており、徒歩15分ほどの散策路も設備。施設内にはテーブル・椅子・シンクそしてトイレが完備。キャンパーであれば中で自炊が可能。荒天でのビバークにもこの施設は非常に有効です。記憶にとどめておきましょう。

「こうほね」ってな〜に

スイレン科の植物で、 水生の多年生草本。浅い沼や流れの緩い川に自生します。茎の形が骨に見えることから「河の骨」こうほねとなった訳です。ここ「こうほね沼」は、
こうほねの群生地で6〜9月に開けて黄色い可憐な花が咲きます。

「こうほねの家」の内部は、ご覧の通り非常に綺麗に保たれており、トイレ、テーブルが完備されている

自由に使えるシンクの設置は、旅人には有り難い

小さな沼の周囲には散策路が設けられており、初夏には原生花園となる

 

●料金無料 ●滞在時間30分 ●住所:稚内市字下勇知 ●TEL:0162-73-2125/稚内市水産商工観光課 ●駐車場:あり/無料 ●営業時間:9:00〜17:00・4/29〜11/3利用できる ●GPS:緯45°15′58″東経141°36′19″

 

[map address=”こうほねの家” width=”100%” height=”300px” api=”AIzaSyD1OXPHd0ZG8BIlIPmPClA3k6P7aRC9NlE” theme=”” class=”dp-light-border-map dp-map-centered” zoom=”17″ draggable=”true” controls=”true”]

こちらも気になりませんか

  1. 意外と知られていない〜えりもの人工植林帯

  2. 遠別川河川公園キャンプ場

  3. 相泊世界遺産入林口

  4. 函館山攻略法(昼間編)-前編

  5. マニアックスポット目白押しの松前城下町_その2

  6. ポー川史跡自然公園(国指定史跡・国指定天然記念物・竪穴式住居世界一)