浜勇知(はまゆうち)園地

無料の休憩施設あり
宿泊は不可だが荒天時のビバークには最適

オロロン街道(道道254号)沿いの下勇知に「こうほねの家」という無料休憩施設があります。その目前にはこうほね池という湿地帯があり、春から夏にかけて様々な原生植物を見ることができます。この施設周囲を浜勇知園地と名付けており、徒歩15分ほどの散策路も設備。施設内にはテーブル・椅子・シンクそしてトイレが完備。キャンパーであれば中で自炊が可能。荒天でのビバークにもこの施設は非常に有効です。記憶にとどめておきましょう。

「こうほね」ってな〜に

スイレン科の植物で、 水生の多年生草本。浅い沼や流れの緩い川に自生します。茎の形が骨に見えることから「河の骨」こうほねとなった訳です。ここ「こうほね沼」は、
こうほねの群生地で6〜9月に開けて黄色い可憐な花が咲きます。

「こうほねの家」の内部は、ご覧の通り非常に綺麗に保たれており、トイレ、テーブルが完備されている

自由に使えるシンクの設置は、旅人には有り難い

小さな沼の周囲には散策路が設けられており、初夏には原生花園となる

 

●料金無料 ●滞在時間30分 ●住所:稚内市字下勇知 ●TEL:0162-73-2125/稚内市水産商工観光課 ●駐車場:あり/無料 ●営業時間:9:00〜17:00・4/29〜11/3利用できる ●GPS:緯45°15′58″東経141°36′19″

 

こちらも気になりませんか

  1. 日本一巨大な結晶片岩「チロロの巨石」

  2. 日本本土最東端_根室半島_納沙布岬

  3. トムテ文化の森キャンプ場

  4. 謎の日勝峠園地

  5. 規制遊歩道歩くべき〜知床五湖

  6. 日本最北端の線路

  1. 函館のお土産で迷ったらこれは超お勧め!柳屋の銘産いかようかん

    2020.04.19

  2. やきとり弁当ならここがお薦め!ハセガワストアベイエリア店

    2020.04.19

  3. 東北以北最古のエレベーター!カテゴリが狭いけど(笑)

    2020.03.24

  4. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

    2020.03.08

  5. えりも町にもあった!昭和津波碑

    2020.01.29

  1. 利礼の丘(育みの里見晴台)

    2018.05.12

  2. ありがとう友よ〜ハイセイコーの墓

    2018.11.29

  3. 地味に面白い〜別海町鉄道記念館

    2018.11.01

  4. 小ネタですが_月光仮面の像あり□

    2019.03.30

  5. 登って損はないよ!〜オーロラタワー

    2018.10.06