宗谷護国寺跡

北海道の歴史の中で重要な役目を果たした寺の跡です

徳川幕府は、1802年(享和2年)蝦夷地に5つだけ寺を建立することを許可。北方警備のためこの地に秋田の藩士たちが駐屯することになった折り、有珠善光寺の7代住職が宗谷支配人粂屋八右衛門と相談し、浄土宗の寺を1859年(安政6年)に建立したものです。この寺は幕府直轄で、利尻・礼文・増毛・網走、遠くは樺太までにも死者供養のため寺僧が巡回していた、北蝦夷地唯一の寺だったのです。その後、1884年(明治17年)に廃寺となりましたが、1912年(明治45年)に再建されるも、直後に焼失。しかし、この敷地の中には、当時北方警備のため宗谷に派遣された会津藩士・秋田藩士の墓が残っています。神社仏閣・史跡好きの人ならはずせないポイントです。なお、TOPの写真は、旧藩士の墓です。各地に散在していた墓を、地元青年の手により、1928年(昭和3年)にこの地に集めたとのことです。いつの世も奇特な人たちはいるものです。感心感心。

宗谷岬周辺スポットマップ

現在はキャンプサイトのような芝地公園となっています

敷地内には、大戦中に戦没した人々の慰霊碑も建っています。銘板には軍艦の他にも漁船やトラックなどの民間籍の名称も刻まれています。

 

●料金:無料 ●滞在時間:10分 ●住所:稚内市宗谷村宗谷 ●TEL:0162-23-6529/稚内市教育委員会 ●駐車場:あり/無料 ●営業時間・定休日:特に規制なし ●GPS:北緯45°29′07″東経141°53′04″

こちらも気になりませんか

  1. さるふつ公園キャンプ場

  2. 旭川市21世紀の森ふれあい広場

  3. 北辰ダム

  4. 利尻町森林公園キャンプ場(利尻島)

  5. 野寒布岬 (のしゃっぷみさき)

  6. 遠別川河川公園キャンプ場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。