相泊世界遺産入林口

ここより先は自己責任、最後の警告看板が建つ

知床半島の羅臼側行き止まりの地「相泊地区」。ここに知床半島先端部へ突入する人達への最終警告看板と入林届け箱が設置されています。ここを一歩でも越えると、あとは正真正銘の自己責任エリアとなります。怪我をしようが死のうが政府は一切の責任を取りません、と宣言する地と考えていいでしょう。その意味では、日本に於いてなかなか見ることのない珍しいスポットともいえます。なので、ここを訪れて記念撮影する人が非常に増えています。マニアックな内容にもかかわらず、観光客御用達ポイントという摩訶不思議なスポットです。ぜひ、一度足を運んで記念写真を!

この先へ入る人が個人情報を記載する台帳が置かれているBOX

中の様子。最後の最後まで警告がされている

番屋はあるものの、漁業関係者以外は、この先は命懸けエリアです

羅臼の最東端に位置する相泊漁港

【住所】目梨郡羅臼町相泊
【電話】TEL:0153-89-2722/ルサフィールドハウス
【料金】無料
【営業時間】特に規制なし
【定休日】特に規制なし
【滞在時間】10分
【駐車場】あり/無料

こちらも気になりませんか

  1. 羅臼オートキャンプ場

  2. 女満別湖畔(めまんべつこはん)キャンプ場

  3. ポー川史跡自然公園(国指定史跡・国指定天然記念物・竪穴式住居世界一)

  4. 三段の滝

  5. 国設知床野営場

  6. 砂湯キャンプ場