羅臼(らうす)温泉 熊の湯

夏休みは昼間から混み合う人気の野天風呂

知床でもっとも有名な無料露天風呂。同じく無料の相泊・セセキ温泉と比べ、男女別・脱衣所完備と管理度高く、隣接して国設羅臼キャンプ場もあることから利用者がかなり多い。無料でありながら毎日清掃(6:00〜9:00)が行われており、この時間に立ち寄ると掃除を手伝うのが掟らしい!?。この熊の湯、いろいろと逸話があります。口やかましい管理人の漁師がいるとか、熱くて入れないお湯だとか・・・・。実際のところ、漁師さんは朝から晩までいるわけではなく、取材で何度も訪れている筆者でも出会ったのは一度きり。あくまでも時間とタイミングでしょう。熱いお湯というのも時期によります。確かに激熱の時もありましたが、丁度いいときもあり、加水しすぎて温かったときもある。どの湯加減になるかは時の運でしょう。泉質は硫黄臭が漂う白濁の塩化物泉。筆者が初めて訪れた2002年当時は無色透明なお湯でしたが、2007年再訪の折は白濁の湯に変貌。源泉自体が変わっているためです。こういった無料露天風呂は勝手に湯船にお湯が沸くわけではなく、ポンプを使ってお湯を引いてきており、設備系はいつか壊れたり不具合を起こすもの。維持費はタダではない。それでも無料で使わせて貰えるのですから、感謝しながらマナーを守って利用したいものです。

羅臼スポットマップ

国道沿いの駐車場から「いで湯橋」という立派な橋を渡ります。この露天風呂のためだけに作られたとすれば凄いことですね。100万、200万で架けられる橋ではありません。

国道沿いに駐車帯が設けられているが、けっこうな傾斜地。バイクの駐輪は要注意

板塀で囲まれた外観の様子

【住所】目梨郡羅臼町湯ノ沢町
【電話】TEL:0153-87-2162/羅臼町役場
【料金】無料
【営業時間】24時間/朝に清掃時間あり
【定休日】なし
【滞在時間】10〜20分
【駐車場】あり/無料

こちらも気になりませんか

  1. シラルトロ湖キャンプ場

  2. 国設然別湖北岸野営場

  3. 日本本土最北端・宗谷岬

  4. あかんランド丹頂の里自然休養村野営場

  5. めむろ新嵐山オートキャンプ場コロポックルの里

  6. 日高の森林ウォーク。地下発電所〜サンゴの滝〜北日高岳〜沙流川温泉