苫小牧西港フェリーターミナル:シルバーフェリー

3社が乗り入れる北海道最大のフェリー港。シルバーフェリーの乗船手順が一番面倒です!

苫小牧FTには乗り場が3バースあり、シルバーフェリーは海に向かって一番左手。ターミナルからも一番離れており。待機エリアに車両を置いて乗船手続きを取るのは得策ではない。ただ、乗船手順は割りとシンプル。WEB申し込みがお薦めですが、乗船券の自動発行機は徒歩乗船者専用で、クルマやバイクの場合は必ず窓口にて手続きが必要です。が、WEB申し込みの場合は、シルバーフェリーから送られてきた【申し込み確認メール】をそのまま【プリントアウト】して持参すれば、乗船申込書の記入は不要です。スマートフォンの画面提示は不可です。なお、バイクの乗船は出港の90分前に始まりますので、出港の2時間前に到着した方がいいでしょう。

乗船の手順

乗船手続き前、車両を停める場所について
●シルバーフェリーの乗船待機エリアは、ターミナルからもっと離れているため、車両を待機エリアに停めてから乗船手続きをするのはやや不便。そのため、一時的にターミナル前に停めてから乗船手続きを取るのが得策。
●では、どこに停めればよいのでしょうか。それは、衛星画像にも示している、「同乗者のりば」というエリアです。クルマもバイクも一旦ここに停めて手続きをします。
●乗船手続きが完了したら、速やかに待機エリアへ車両を移動します。

WEB予約完了済みの場合
●90分前までに、乗船手続き完了が必要です。バイクは出港の90分前に乗船開始となります。
●シルバーフェリーからの確認メールを印刷して窓口に出して下さい。受付はそれだけで完了します。印刷できない場合は、乗船申込書を記入する必要があります。
●クルマと251c以上のバイクは車検証の提示が必要です。250cc未満は登録証の提示が必要です。
●2等寝台申し込みの場合はカードキーを渡されます。部屋番号が記載されているので紛失注意です。乗船の際に提示はしません。
●待機エリアに車両を移動して待ちます。
●係員が乗船券のコードをスキャンし、その後、乗船となります。
●乗船から下船まで、乗船券を再提示することはありません。

当日申し込みの場合
●WEB予約の場合と基本的に同じです。異なるのは、必ず乗船申込書を記入するかしないかだけです。

クルマ・バイクの同乗者について
クルマもバイクも、同乗者の乗船は別々になり、同乗者は徒歩乗船者と一緒に搭乗橋からの乗船となります。下船ですが、クルマの場合は、同乗者は車両に乗り一緒に出られます。バイクの場合は、同乗者は別々で徒歩乗船者と一緒に搭乗橋からの下船となります。ターミナルではぐれないようにしてください。

ここが一時的に車両が置ける「同乗者のりば」

シルバフェリーの窓口。乗船バースと窓口の並びは同じになっている

フェリー港エリアに進入すると、ロータリーが現れる。初めてだと「どこを通るんだ?」と判りにくい。乗船手続きをするために「同乗者のりば」まで走るのですが、ターミナル内の道路は一方通行のオーバルになっています。これまた、初めて来た人は何がどうなっているのか把握できません。でも、そういうことになっているわけで、上記の衛星画像をよく見て覚えておきましょう。ターミナルには港側にも2ヶ所出入口があります。わざわざメインの北側エントランスまで行かないように! 乗船手続き完了後、シルバーフェリーは3号バースになるので、そちらの待機場まで移動します。くれぐれも「同乗者のりば」には長時間駐車しないように。

3号バースのクルマ待機エリア

3号バースのバイク待機エリア

 

●住所:苫小牧市入船町1丁目2番34号 ●TEL:050-3821-1490 ●駐車場:あり/有料(90分まで無料)

こちらも気になりませんか

  1. やきとり弁当ならここがお薦め!ハセガワストアベイエリア店

  2. 東北以北最古のエレベーター!カテゴリが狭いけど(笑)

  3. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

  4. 函館のお土産で迷ったらこれは超お勧め!柳屋の銘産いかようかん

  5. 八戸港フェリーターミナル

  6. 意外と知られていない〜えりもの人工植林帯

  1. 函館のお土産で迷ったらこれは超お勧め!柳屋の銘産いかようかん

    2020.04.19

  2. やきとり弁当ならここがお薦め!ハセガワストアベイエリア店

    2020.04.19

  3. 東北以北最古のエレベーター!カテゴリが狭いけど(笑)

    2020.03.24

  4. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

    2020.03.08

  5. えりも町にもあった!昭和津波碑

    2020.01.29

  1. 行政もやるね〜サラブレッド大壁画

    2018.11.28

  2. アポイ岳に登ろう

    2018.11.14

  3. 旧作「ハイパースポットガイド青森県」を復刻!無料配布します!!!

    2019.04.11

  4. 密かに建つ日本冷凍食品事業発祥之地碑

    2019.06.12

  5. 旅情感抜群の野湯〜からまつの湯

    2018.10.30