根室車石

直径6mもの放射状節理の奇岩!国指定天然記念物

花咲灯台のすぐ足元にある奇岩「根室車石」。柱状節理という独特な景観を見せる岩壁は各地に見られますが、この車石は「放射状節理」という非常に珍しい岩塊。綺麗なトイレを完備した中振りの駐車場から、花咲灯台を経由する散策路が整備されています。なかなか立派な散策路で、この景勝地への力の入れようが判ります。車石の大きさは直径6mあまり。周囲には1〜3m規模の小型車石も数多くありますがちょっと気付きにくい。案内図で紹介しますが散策路は2ルートあり、小型車石は本家車石とは別のルート。そのため本家のみを見て帰る人が続出しています。小型車石も見落とさずご観覧下さい!


柱状節理・放射状節理とは
地表に噴出したマグマが急速に冷却されると、ある一定の大きさのパーツとなり収縮していきます。各パーツが収縮することにより隣接面に境界(割れ目)が現れ、六角形から四角形の状態で固まります。柱状節理はこの状態が上から下へ向かい段階的に起こることにより、柱状の割れ目が出来上がります。放射状節理は、上下垂直ではなく、何らかの原因により花びらが開くような方向で冷え固まり、扇状の節理が生まれます。

 

現地にあった案内看板です。駐車場から花咲灯台を過ぎて車石へと散策路が整備されています。展望デッキ1を抜けて降ると車石が見られる展望2へ着きます。車石の観覧を終えると来た道を登り返し、展望デッキ3へと進みます。その後展望デッキ4が最後の展望地となります。周回コースにはなっておらず、面倒がると展望デッキ4をパスしてしまいます。ぜひ足を運んで下さい。

駐車場から花咲灯台へと降りていきます

車石展望スポットまでよく整備された遊歩道を降ります

展望デッキ1から望む、美しい入江の様子

周囲の岩礁帯はすべて節理。柱状節理や板状節理が見られる

車石と遊歩道の位置関係はこんな感じ

展望デッキ3から展望デッキ4方向を望む

展望デッキ4の下には多数の小型車石があります

展望デッキ3と4の間にも多くの小型車石がゴロゴロと

【住所】根室市花咲岬
【電話】TEL:0153-24-3104/根室市観光協会
【料金】無料
【営業時間】特に規制なし
【定休日】特に規制なし
【滞在時間】20分
【駐車場】あり/無料/トイレあり

こちらも気になりませんか

  1. 茂岩山自然公園キャンプ場

  2. 塘路元村キャンプ場

  3. 和琴半島湖畔キャンプ場

  4. うらほろ森林公園

  5. チミケップ湖畔キャンプ場

  6. みどり工房しゃりそよかぜキャンプ場