根室市歴史と自然の資料館

マジ!ナゼここに?これって重要文化財級ですよ!!って逸品が展示されている。絶対に行った方がいいでしょ!

赤レンガ造りのモダンな建物の中にそれはあります。この建物、1942年(昭和17年)海軍通信隊の根室分遣所として建設された軍事関係施設。戦後は花咲港小学校として1989年(平成元年)まで使用された後、資料館として活用されているもの。展示室は細長いメインルームに、小部屋が2室というとてもシンプルな構成。展示品は3つのカテゴリに分けられており、アイヌのチャシや縄文の遺跡関連、日露外交史関連の資料、根室の自然に関する展示となっているものの、なにせ狭い展示室なので、パラッとあっさりしたものです。ひとつを除けばまぁ〜どこでも見られそうな・・・・というもの。しかし、その残るひとつが凄すぎます。

それは、樺太日露国境第二天測標という標石です。文字で書けば、何ですか?それ??って感じですが。日露戦争で勝利した日本は、樺太の北緯50度線から南側をロシアより割譲し日本の領土に。その国境には4基の国境石が設置されています(小振りの中間標石は多数あり)。4基のうち2基はすでになく、この世に現存するのは2基で、その1基がこの樺太日露国境第二天測標なのです。で、こはレプリカではなく正真正銘のホンモノなのです。こんな超貴重な文化財が、田舎の小さな資料館の小さなホールの真ん中に、ポンと無造作に置いてあるんです。ショウケースもなく結界もなく、ただポンとです。なので触ってもOK!壊さなきゃ何してもOKといわんばかり!

ナゼ、このような貴重な文化財が根室市の花咲港にあるのか?稚内なら理解できるのですが、根室です。その経緯は現地のパネルにて説明されているので、ここでは割愛しますが(書いちゃうと訪問の楽しみが半減するでしょう!)、なにはともあれ、今はこの地に置いてあるという現実があるわけです。この手の話題に興味がある人であれば、絶対に足を運ぶと思います。本誌イチオシのマニアックスポットです!

前後左右にそれぞれ日本語とロシア語で彫刻が施されています。こんな間近で見られるとは超感激です。もちろんガッチリ触りましたよ!!

メイン展示ルームのほぼ全景です

赤レンガがモダンな建物です

【住所】根室市花咲港209
【電話】TEL:0153-25-3661
【料金】無料/入館料
【開館時間】9:30〜16:30
【休館日】毎週月曜日
【滞在時間】20分
【駐車場】あり/無料/未舗装

こちらも気になりませんか

  1. ポー川史跡自然公園(国指定史跡・国指定天然記念物・竪穴式住居世界一)

  2. クジラの見える丘公園

  3. 相泊世界遺産入林口

  4. ナウマン公園キャンプ場

  5. 尾岱沼ふれあいキャンプ場

  6. 滝上町渓谷公園