驚きの展示品が!_根室市歴史と自然の資料館

マジ!ナゼここに?これって重要文化財級ですよ!!って逸品が展示されている。絶対に行った方がいいでしょ!

赤レンガ造りのモダンな建物の中にそれはあります。この建物、1942年(昭和17年)海軍通信隊の根室分遣所として建設された軍事関係施設。戦後は花咲港小学校として1989年(平成元年)まで使用された後、資料館として活用されているもの。展示室は細長いメインルームに、小部屋が2室というとてもシンプルな構成。展示品は3つのカテゴリに分けられており、アイヌのチャシや縄文の遺跡関連、日露外交史関連の資料、根室の自然に関する展示となっているものの、なにせ狭い展示室なので、パラッとあっさりしたものです。ひとつを除けばまぁ〜どこでも見られそうな・・・・というもの。しかし、その残るひとつが凄すぎます。

それは、樺太日露国境第二天測標という標石です。文字で書けば、何ですか?それ??って感じですが。日露戦争で勝利した日本は、樺太の北緯50度線から南側をロシアより割譲し日本の領土に。その国境には4基の国境石が設置されています(小振りの中間標石は多数あり)。4基のうち2基はすでになく、この世に現存するのは2基で、その1基がこの樺太日露国境第二天測標なのです。で、こはレプリカではなく正真正銘のホンモノなのです。こんな超貴重な文化財が、田舎の小さな資料館の小さなホールの真ん中に、ポンと無造作に置いてあるんです。ショウケースもなく結界もなく、ただポンとです。なので触ってもOK!壊さなきゃ何してもOKといわんばかり!

ナゼ、このような貴重な文化財が根室市の花咲港にあるのか?稚内なら理解できるのですが、根室です。その経緯は現地のパネルにて説明されているので、ここでは割愛しますが(書いちゃうと訪問の楽しみが半減するでしょう!)、なにはともあれ、今はこの地に置いてあるという現実があるわけです。この手の話題に興味がある人であれば、絶対に足を運ぶと思います。本誌イチオシのマニアックスポットです!

前後左右にそれぞれ日本語とロシア語で彫刻が施されています。こんな間近で見られるとは超感激です。もちろんガッチリ触りましたよ!!

メイン展示ルームのほぼ全景です

赤レンガがモダンな建物です

【住所】根室市花咲港209
【電話】TEL:0153-25-3661
【料金】無料/入館料
【開館時間】9:30〜16:30
【休館日】毎週月曜日
【滞在時間】20分
【駐車場】あり/無料/未舗装

こちらも気になりませんか

  1. 別海(べっかい)町ふれあいキャンプ広場

  2. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

  3. 国設羅臼温泉キャンプ場

  4. 津別21世紀の森キャンプ場

  5. 優駿メモリアルパーク

  6. 岩知志地区のトトロの木

  1. 函館のお土産で迷ったらこれは超お勧め!柳屋の銘産いかようかん

    2020.04.19

  2. やきとり弁当ならここがお薦め!ハセガワストアベイエリア店

    2020.04.19

  3. 東北以北最古のエレベーター!カテゴリが狭いけど(笑)

    2020.03.24

  4. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

    2020.03.08

  5. えりも町にもあった!昭和津波碑

    2020.01.29

  1. 湖畔を歩こう〜道の駅スワン44ねむろ

    2018.10.17

  2. もはや芸術作品と言っても過言ではない〜笹流ダム

    2019.05.06

  3. ポー川史跡自然公園(国指定史跡・国指定天然記念物・竪穴式住居世…

    2018.10.26

  4. 知床横断道路

    2018.05.17

  5. 函館のお土産で迷ったらこれは超お勧め!柳屋の銘産いかようかん

    2020.04.19