百人浜

メインは緑化事業を見下ろす展望台と悲恋沼

太平洋に向かい鋭角に突き出ている襟裳岬。襟裳岬から庶野にかけて弓なりにのびる百人浜。衛星写真をよく見ると、砂浜はこの百人浜のみで、それ以外は岩礁と断崖の海岸となっています。なぜここだけが砂浜なのでしょうか?ぜひ、タモリに来て頂いて解明して頂きたいものです。

さて、まずは百人浜という名称が気になります。1816年(文化13年)南部藩の御用船が難破。乗員100人が犠牲になり、その多くがこの浜に打ち上げられたことから名付けられたという。まるで心霊スポットばりの逸話なのですが、それを裏付けるかのように、江戸時代に建立された立派な供養塔も建っています。この供養塔の裏には周囲400mの悲恋沼があります。名称が悲恋なのですが、こちらは船の遭難とは関係なし。そして、美しい弓なりの浜と緑化事業の観察展望台。これらが百人浜スポットの見どころになります。

えりも町スポットマップ

 

いきなりメインの緑化観察展望塔へ参りましょう。周辺は通路などよく整備されています

外観は木造のようですが、実は鉄骨製

緑化前の写真が掲示されており、まさにビフォー&アフターを見られる

展望台の最上部。周囲には遮るものがないため、なかなかの好展望

現在進行中の緑化事業を見下ろせます。眼下の通路を進むと浜辺に出られます

悲恋沼も一望

砂浜に出ると襟裳岬まで見通せる弓なりの浜が美しい

展望台駐車場の脇にある「一石一字塔」。小さな観音堂もありその位置はすぐに判ります。この石碑は襟裳沖で遭難した船舶と乗員の供養塔で、建立には江戸幕府も関わっていることから、蝦夷地統制の歴史的史料としての価値は高いという。建立は1806年(文化3年)で、百人浜の由来となった難破事件の10年前ということになります。それほどこの海域での遭難が多発していたということです。なお、この石碑は当初、現在地より北東へ2.5kmほどにある在田川の河口に建てられたのですが、1956年(昭和31年)に当地に移設されています。

北海道において200年以上前の石碑ですからかなり貴重です

駐車場との位置関係

アイヌの娘と和人青年の叶わなかった恋伝説の沼。娘の涙がこの沼になったという。周囲400mの小さな沼ですが、しっかりした木道が整備されています。6〜7月の頃には原生花園となります。道路からはチラッとしか見えず、アクセスもどこなのか判りにくいため、訪れる人は実に少ない。

駐車場の東側に入口があるものの、実に判りにくい

無名に近いスポットながら木道が整備されている

【住所】幌泉郡えりも町庶野
【電話】TEL:01466-2-2241/えりも観光協会
【料金】無料
【開場時間】9:00〜17:00/展望台
【定休日】期間中無休
【滞在時間】30分
【駐車場】あり/無料

こちらも気になりませんか

  1. アルトリ岬キャンプ場

  2. ニニウキャンプ場

  3. らうす国後(くなしり)展望塔

  4. 稚内副港市場

  5. 日本本土最北端・宗谷岬

  6. 知内(しりうち)町ファミリースポーツ広場