アポイ岳ジオパークを巡る

もはやマニアックを通り過ぎて学術的すぎる!

下記にも記載のとおり、ジオパークは特徴的な大地の変動が見られ、それに即したテーマが伴って認定されます。もっとも判り易いのは火山活動地域でしょうか。次に多いのが半島、岬、島などの海岸線地域。ここアポイは山と海岸の両方を兼ね備えたジオパークです。そのメインテーマは「地球深部からの贈りものがつなぐ大地と自然と人々の物語」というキャッチ。正直いってよく判りません(>_<)。30年に一度噴火する有珠山、巨大なカルデラ湖洞爺湖を有する「洞爺湖有珠山ジオパーク」は素人にも理解できるのですが、アポイ岳ジオパークは、なぜここがジオパークに認定されたのか? そこで、現地を尋ねてみましたが、予想どおり素人には難解な地質現象の集合で、マニアックスポットにも収まらない超学術スポットでした。

ジオパーク認定前の様似町では、観光スポットといえばアポイ岳ぐらいで、観光産業は厳しかったのですが、2015年9月の世界ジオパーク認定で俄然頑張ったのでしょう。立派なビジターセンターができ、5つのエリア35スポットに説明板を設置。認定ガイドによる体験プログラムの実施など、非常に活発な活動をしています。が、しかし、どれだけ観光客が増加したのでしょうか?と、いぶかしくなります。それだけ学術的過ぎて観光客レベルの話ではないのです。ですから、この記事を読んで、じゃぁ〜行ってみよう!と思う人は、たぶんいないんじゃないでしょうか・・・・。

様似・浦河スポットマップ


ジオパークとは
ジオパークは英語でGeoparkと書きます。このGeoとは地球・大地を意味し、公園のParkを合わせた造語。もの凄く平たくいえば、地質の世界遺産みたいなもの。保全・教育・ツーリズムを主なる活動目的として、2004年(平成16年)ユネスコの支援を受け、世界ジオパークネットワークGGN)が設立。この下部組織として、日本ジオパークネットワーク(JGN)が2009年(平成21年)5月に発足。2015年(平成27年)にユネスコの正式事業となり、まだ産声を上げたばかりの活動といえます。加盟国もまだ35カ国にすぎない。
ジオパークを名乗るためには、日本ジオパークネットワーク(JGN)の認定を受け、さらにJGNにより申請されることにより、世界ジオパークとして認められます。現在、日本における世界ジオパークは9件、日本ジオパークは44件が認定(2018年9月現在)されています。なお、一度認定されても4年に1度の再認定審査があり、通過しない場合は取り消されることになります。
北海道における世界ジオパークは、洞爺湖有珠山ジオパーク、アポイ岳ジオパークの2件。日本ジオパークは、この2件の重複登録と、とかち鹿追ジオパーク、白滝ジオパーク、三笠ジオパークの5件となります。このほか、十勝岳が認定を目指しているそうです。

 

アポイ岳ジオパークは、5つのエリアから構成されています。このジオパークを構成しているスポットを「ジオサイト」といいます。この後はジオサイトの紹介を行います。なお、すべてのジオサイト取材を完了しておりません。終了次第順次掲載いたします。

様似海岸エリア

様似海岸エリアは、様似市街地の前後、国道336号に沿ってジオサイトが点在しています。(画像クリックでPDF拡大します)

塩釜トンネルとロウソク岩。ロウソクの炎に似ていることから名付けられたもの。感動するほどではないでしょう

親子岩ジオサイトです。親子岩展望台から望む3つの岩塊は、左から父さん岩、母さん岩、子供岩。

エンルム岬ジオサイト。親子岩のような島だったものが砂の堆積により陸と繋がった岬。詳しくは「エンルム岬」のページへ

蝦夷三官寺のひとつ等澍院は幕府直轄の寺院。伊達市にある善光寺、厚岸町にある国泰寺がそれで、いずれも葵の紋が今に残る。詳しくは「等澍院」のページへ

エンルム岬から望む観音山。詳しくは「観音山展望台」のページへ

日高耶馬溪エリア

アポイ岳の山塊が太平洋へと落ち込み、断崖絶壁を形成しているのが「日高耶馬溪」。大分県にある耶馬溪のパクリスポット。こちらのジオサイトは、もう項目を見るだけで腹一杯になるのではないでしょうか!?(画像クリックでPDF拡大します)

冬島の穴岩ジオサイトです。この穴は、波の侵食によって開けられた海食洞です。観光として見るならここまで。現地の説明板にはこう記載されています「岩には、堆積岩の特徴である細かな層の積み重ねが見られますが、地下深部で高温にさらされたため黒雲母ができ、ホルンフェルスと呼ばれる変成岩になっています。」意味の判る方はどうぞお越しください!

大正トンネルの花こう岩類ジオサイトです。ここはやはり学術的に重要な岩石スポットのようですが、説明板を見てもチンプンカンプンです。ですが、観光視点で面白いものが見られます。上の写真は大正時代のトンネルなのですが、その両脇に明治のトンネルと昭和のトンネルが3本並んでいるのです。これはかなり珍しいスポット。詳しくは「大正トンネル」のページへ

ルランベツ覆道の褶曲(しゅうきょく)というジオサイトです。もう褶曲というだけでダメですね!いわゆる奇岩系のスポットですが、確かにある意味凄い岩なので一応紹介しておきます。詳しくは「ルランベツ覆道の褶曲」のページにて

幌満峡エリア

アポイ岳ジオサイトの中で、ほぼ全線が未舗装路になっている幌満峡エリア。フラットダートで特段走りにくくはないものの、道幅が狭いため対向車には要注意。このエリアのジオサイトの特徴は、すべてのポイントが「かんらん岩の露頭」であること。かんらん岩は深成岩であり、マントルを形成する岩石のため、通常地表にはない。地殻プレートの衝突により迫り上がり日高山脈が形成。この際、マントル部分が地表に露出したのです。この幌満峡は約8kmに渡ってかんらん岩が露出している渓谷ということで、学術的・世界的に貴重な存在だそうです。ということですが、往復16kmの砂利道、いったいどれほどの旅人が訪れるのでしょうか・・・・。(画像クリックでPDF拡大します)

ここは幌満峡エリア最初のジオサイト「第2発電所かんらん岩露頭」です。すべてのジオサイトには、このように立派な石柱と説明板が設置されています。そのため観光に来ています気分は味わえます。

「スゲ〜かんらん岩の露頭だよ〜〜」と感動する人は尊敬します(>_<)

ダートのスタート地点に説明板あり

ゴヨウマツ記念碑」ジオサイトに到着

ここには天然記念物記念碑が立っています

記念碑の脇から川岸に降りられます。そこから眺めた景色がこれ。対岸に見える樹林帯が、キタゴヨウの北限自生地として1943年(昭和18年)に国の天然記念物に指定されています。が、植生に詳しくない人が眺めても、ただの森にしか見えません。また、川岸に見える岩はかんらん岩。おぅ〜かんらん岩だらけだぁ〜と感動するかなぁ〜・・・・

不動の沢」ジオサイト。林道に交差する小さな沢で、赤い屋根の不動明王の祠が目印

この露出している岩は凄い代物だそうです、学術的に・・・

第2発電所えん堤」ジオサイト。このコンクリート製の構築物が目当てではなく、周囲にある岩が凄いのだそうです、学術的に・・・

幌満川稲荷神社」ジオサイト。林道脇に突如現れる真っ赤な鳥居。石段を登るとそこにも真っ赤な社が。これは1936年(昭和11年)、この渓谷に水力発電所を建設した会社が建てたもの。現在でも綺麗に維持管理されており、バイオトイレも設置されている

最後のジオサイトが「幌満ダム(第3発電所えん堤)」。このダムまでは狭い渓谷ですが、ダム湖の奥は広々とした空が現れます。例のかんらん岩の渓谷がここで終了しているため、ダムから奥は地質が異なるのです。素人でも違いが理解できるポイントです

ダムから奥は特に見応えのあるスポットもジオサイトもありません。ここで来た道を引き返します。ダート8km頑張って帰りましょう。

こちらも気になりませんか

  1. たぶん誰も知らない〜日本新三景の碑_大沼公園

  2. 香りに圧倒される平取すずらん群生地

  3. 歩くけど見て損はナシ!〜フレぺの滝(乙女の涙)

  4. 超マニアックです〜宗谷護国寺跡

  5. 幻の戸井線とアーチ橋を歩く

  6. 本土最東端シリーズ!一気に公開!!