日本一巨大な結晶片岩「チロロの巨石」

何でこんなもの運んだのかねぇ〜

1919年(大正8年)に十勝の開拓に入植した栗林元次郎なる人物が、日高の山中で長さ6m、重さ200トンの巨石を発見。1974年(昭和49年)、何を思ったのか、この巨石を運び出すことに。現代に於いてもこれだけの代物はおいそれとは運搬できません。当時、どのような方法で運び出したのかは判りませんが、かなり高額な費用をかけてここまで運び出したようです。一説には、運搬費用があまりも高額となり資金が尽きてここで諦めた、などという話があるようですが、実際のところは、この先にある橋の重量制限超過のため断念したようです。この岩は、学術的には「石英片岩」なるものに分類されており、全体が青味を帯びているのが特徴。きっと山奥で「青い巨石だぁ〜これは珍しい〜持って帰ろ〜」と相成ったのでしょうか。ちなみに現在の所有者は日高町です。町に寄贈されたのだそうです。

日高・平取スポットマップ

大きさ比較のため車を横付け

梯子があり上に登れます

裏側はこんな感じ。周囲もよく整備されています

【住所】沙流郡日高町千栄
【電話】TEL:01457-6-2008/日高町観光協会
【滞在目安時間】10分
【駐車場】あり/無料
【アクセス】国道から一般道を6.5kmのところにあります。全線舗装です。

こちらも気になりませんか

  1. てっぺんドーム

  2. 賽の河原キャンプ場(奥尻島)

  3. 大沼野営場

  4. 浜勇知(はまゆうち)園地

  5. 知内(しりうち)町ファミリースポーツ広場

  6. カムイワッカ湯の滝