執筆陣紹介と写真使用について

執筆名:tabikaze (Koji Misawa)

北海道帯広市生まれ。高校生の頃よりバイク旅に取り憑かれ、道内はもとより東北各地を駆け巡る。高校卒業後、札幌の建設会社に就職するも3年で退社。奮起して上京し、27歳の時、東京で建設関係の測量会社を創業。幕張副都心などの大型工事現場を多数手がける。現在、建築・土木などの構造物を見聞する力はこの時に培ったもの。1999年、旅風ツーリングガイドを創業。2008年からは電子書籍バージョンを刊行。2012年に旅風ハイパースポットガイドに改称したが、2018年電子書籍の制作を終了し、ポータルサイト型の情報発信へと舵を切る。著書に「旅風ツーリングガイド道東・道北編」、「旅風ツーリングガイド道央・道南編」、「旅風ツーリングガイド青森県/秋田県/岩手県」、「旅風ハイパースポットガイド道東/道北/青森県」、「津波碑巡礼」、編集に「こぶたろうの挑戦!」など多数。

執筆名:hokkaider (Nobuyoshi Obara)

盛岡市在住の写真家・旅行家。旭川にも事務所を開設。1988年〜89年にかけ、47都道府県35,000kmを125ccのバイクで走破。その後、タウン情報誌の編集に携わるが、北海道であえなく沈没、喫茶店マスターなどの職業を経る。1996年より昭文社の「ツーリングマップル北海道」を担当。以来、20年以上にわたり担当を続けている。著書に「北海道絶景ロードセレクション1・2・3」、「北海道パーフェクトガイド2014〜2018」、その他バイク雑誌、タウン誌に寄稿多数。

 

 

著作権侵害に関する注意喚起

上記執筆者が記載した記事や掲載した写真については、すべて執筆者が著作権を有しております。無断で使用した場合は著作権法に則り法律違反となりますのでくれぐれもご注意下さい。なお、当社では掲載写真の利用を有料で提供しております。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

  1. 函館山攻略法(昼間編)-中編

    2021.08.15

  2. 支笏湖の展望ナンバーワン!紋別岳

    2021.07.11

  3. 有珠山の1977年噴火での貴重な遺構が残る_1977年火山遺構公園

    2021.06.27

  4. 火山災害の遺構を間近で_金比羅火口災害遺構散策路

    2021.06.24

  5. 破壊力と回復力を比較_洞爺湖_西山山麓火口散策路

    2021.06.17

  1. 破壊力と回復力を比較_洞爺湖_西山山麓火口散策路

    2021.06.17

  2. 北海道の相撲資料館では一番立派です〜横綱千代の山・千代の富士記…

    2019.05.15

  3. 小ネタですが_月光仮面の像あり□

    2019.03.30

  4. 函館山攻略法(昼間編)-中編

    2021.08.15

  5. 本当の秘湯ですね〜川北温泉

    2018.10.30