ルランベツ覆道の褶曲(しゅうきょく)

超学術的スポットですが確かに凄いことは凄い

海岸線を通る覆道の外に、大きな岩があります。素人が見ればそこら辺にあるようなただの岩。看板が建っていなければ気にも留めず通過するでしょう。ところがこの岩はタダモノではありません。「角閃岩が片麻岩に包まれている状態」。これを褶曲(しゅうきょく)というのだそうです。角閃岩は海洋プレートの岩石で、片麻岩は大陸プレートの岩石。まったく性質も生成場所も異なる岩石が、ロールケーキのようにクルリと巻かれているわけです。どうすればこうなるのでしょうか。ゴジラでもこんなことはできません! 地殻変動の凄い現象を見られるということです。足を停める価値はちょっとありそうです。

ピンクのラインが、2種類の岩石の境界面です。よ〜く見ると角閃岩がくるりとロール状になっているのが判ります。

ここは覆道の外部にあるため駐車場はなし。覆道内の駐車も危険ですので要注意

覆道の東側に駐車帯があるのでココを利用してください。もしくは大正トンネルのスポットから100mなので歩いてください

【住所】様似郡様似町公満
【電話】TEL:0146-36-2416/様似町観光協会
【滞在時間】10分
【駐車場】なし/駐車帯か大正トンネルPを利用

こちらも気になりませんか

  1. わずか39年間で死亡した囚人1022柱が眠る_篠津山墓地

  2. きじひき高原キャンプ場

  3. 岩知志地区のトトロの木

  4. 日本一巨大な結晶片岩「チロロの巨石」

  5. 豊似湖と猿留山道(さるるさんどう)

  6. この地形が出来た由来が・・・宗谷丘陵