有珠山の1977年噴火での貴重な遺構が残る_1977年火山遺構公園

西山山麓・金比羅山など2000年噴火の遺構がメインだが
1977年噴火の貴重な遺構も現存している

この100年間に4度噴火している有珠山。その火山活動は、温泉という恵とは対照的に甚大な損害を住民に与えています。最近の活動では2000年(平成12年)の噴火が直近です。このような火山活動から、「火山の恵みと大地の力を体験できる自然公園」として、洞爺湖有珠山ジオパーク構想が進行しています。このジオパークとは、ユネスコの支援により発足した世界ジオパークネットワークが認定する、大地・地質遺産。日本では洞爺湖有珠山のほかに、糸魚川フォッサマグナ、島原普賢岳、室戸岬が世界認定されています。この洞爺湖有珠山ジオパークの管理下にある公園が、ここで紹介する1977年火山遺構公園。

1977年(昭和52年)8月7日の噴火と地殻変動により倒壊した 病院が当時のまま保存されています。2000年年噴火の際に被災した建物の大半は、噴火と同時に倒壊をしていますが、この公園にある旧三恵病院は3カ月ほどを要して倒壊しています。その原因は、火山噴火による地殻変動です。有珠山の北に位置していたこの病院周辺の地盤が、2~3カ月の時間をかけ洞爺湖側へ25m移動したのです。このようにゆっくりとした地盤の変位であっても、人間が造った構築物は為す術がないという実例なのです。やはり自然パワーって凄いですね~。なお、現在は風化や植生の回復などにより1977年噴火の遺構は数が少なく、この病院は貴重な遺構のひとつといえます。地味な遺構ですが見る価値は高いと思います。

被災前の旧三恵病院

被災直後の様子

遺構全体の様子。内部立入は厳禁ですが、駐車場や囲いなどがきっちり整備されています

地殻変動によりジワリジワリと倒壊した建物ですが、右半分は無傷
地盤の変位が均一ではないことが良く判ります

植物というのは凄いです。コンクリートの屋根に樹木までが!
あとどのくらいで完全に呑み込まれてしまうのでしょうか!?

ちなみに、2010年の写真
植生の回復度がまるで違います。わずか10年足らずで植物に主導権を握られます!

【住所】虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
【電話】TEL:0142-74-3015/洞爺湖有珠山ジオパーク
【入園料】無料
【休園日】特に規制なし
【滞在目安時間】10分
【駐車場】あり/無料

こちらも気になりませんか

  1. 地味すぎるか〜しおかぜ公園

  2. 勇気のある人限定!〜熊越の滝

  3. 小ネタですが_月光仮面の像あり□

  4. がっかり展望台シリーズ!_東明公園_スペースカリヨン

  5. 牛の字・モアン山に登る!

  6. 新中野ダムと笑みこぼれるダム公園