浜勇知(はまゆうち)園地

無料の休憩施設あり
宿泊は不可だが荒天時のビバークには最適

オロロン街道(道道254号)沿いの下勇知に「こうほねの家」という無料休憩施設があります。その目前にはこうほね池という湿地帯があり、春から夏にかけて様々な原生植物を見ることができます。この施設周囲を浜勇知園地と名付けており、徒歩15分ほどの散策路も設備。施設内にはテーブル・椅子・シンクそしてトイレが完備。キャンパーであれば中で自炊が可能。荒天でのビバークにもこの施設は非常に有効です。記憶にとどめておきましょう。

「こうほね」ってな〜に

スイレン科の植物で、 水生の多年生草本。浅い沼や流れの緩い川に自生します。茎の形が骨に見えることから「河の骨」こうほねとなった訳です。ここ「こうほね沼」は、
こうほねの群生地で6〜9月に開けて黄色い可憐な花が咲きます。

「こうほねの家」の内部は、ご覧の通り非常に綺麗に保たれており、トイレ、テーブルが完備されている

自由に使えるシンクの設置は、旅人には有り難い

小さな沼の周囲には散策路が設けられており、初夏には原生花園となる

 

●料金無料 ●滞在時間30分 ●住所:稚内市字下勇知 ●TEL:0162-73-2125/稚内市水産商工観光課 ●駐車場:あり/無料 ●営業時間:9:00〜17:00・4/29〜11/3利用できる ●GPS:緯45°15′58″東経141°36′19″

 

こちらも気になりませんか

  1. この地形が出来た由来が・・・宗谷丘陵

  2. 上富良野町日の出公園オートキャンプ場

  3. 白銀荘前キャンプ場

  4. 白浜野営場(焼尻島)

  5. JRA展望台

  6. 展望抜群だが造った人たちが凄い!_雄冬岬展望台

  1. 地味な絶景スポット_滝ノ上公園・千鳥ヶ滝

    2021.04.04

  2. 意外(失礼!)と見応えある妹背牛郷土館

    2021.04.03

  3. がっかり展望台シリーズ!_東明公園_スペースカリヨン

    2021.03.21

  4. お手軽に山の頂から展望を楽しめる_神威岳山頂

    2021.03.16

  5. ポツンと一軒駅舎_旧沼牛駅

    2021.03.12

  1. 道の駅併設なのに入る人が少ないのよね〜旧花田家番屋

    2021.02.07

  2. 函館山攻略法(夜景編)

    2019.02.03

  3. 日本初!北海道唯一!の島式漁港_国縫漁港が面白い!

    2019.06.12

  4. 展望抜群だが造った人たちが凄い!_雄冬岬展望台

    2021.01.05

  5. 誰も停まらない!石勝樹海ロードの碑

    2020.01.29