焼尻島で唯一、白亜の焼尻灯台

1913年(大正2年)2月1日に初点灯、六角形の白亜の灯台

1913年(大正2年)2月1日に完成し、初点灯した白亜の灯台で、六角形の塔に全面白いタイル貼りというオシャレな灯台です。現在では使われていない制御室があるのですが、明らかに野ざらし状態でけっこうボロボロです。しかし、灯台の方は表面のタイルがピカピカ。ペンキとタイルとではこうも違うんですなぁ〜。 島の周回道路からは一段高い丘の上にあり頭部しか見えませんが、クルマの轍があり、これは行けるのかな?ということで乗り入れてみると、案の定、足元まで行くことができます。離島にある唯一の灯台ですから、来島記念に写真を撮りましょう。なお、塔の高さは13m、海抜は51mと、思いのほか高度があるのでした。

高さはないものの、六角形の灯台は珍しい存在です

お約束の燈光会の説明板あります

幹線道路からは頭しか見えない

【住所】苫前郡羽幌町大字焼尻字白浜
【電話】TEL:0164-42-0414/留萌海上保安部
【滞在目安時間】10分
【駐車場】あり

こちらも気になりませんか

  1. 中川町森林公園キャンプ場

  2. うたのぼり・ふれあいの森キャンプ場

  3. アポイ岳に登ろう

  4. 登ればプチ絶景!〜オロンコ岩とゴジラ岩

  5. この地形が出来た由来が・・・宗谷丘陵

  6. 三笠山自然公園キャンプ場

  1. 地味な絶景スポット_滝ノ上公園・千鳥ヶ滝

    2021.04.04

  2. 意外(失礼!)と見応えある妹背牛郷土館

    2021.04.03

  3. がっかり展望台シリーズ!_東明公園_スペースカリヨン

    2021.03.21

  4. お手軽に山の頂から展望を楽しめる_神威岳山頂

    2021.03.16

  5. ポツンと一軒駅舎_旧沼牛駅

    2021.03.12

  1. 意外と知られていない〜えりもの人工植林帯

    2018.11.08

  2. ルランベツ覆道の褶曲(しゅうきょく)

    2018.11.22

  3. ちょっと堅すぎるかな〜函館市北方民族資料館

    2020.03.08

  4. 生きているうちに一度は!〜知床観光船

    2018.05.20

  5. 歩くけど見て損はナシ!〜フレぺの滝(乙女の涙)

    2018.05.17